常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • ロボットが都心の機能と風景を一新する;荷物ロボットが歩行者の後に従うシーン

    By Tom Kaiser

    4月27日 - 110年前、フォードは史上初めての車Tモデルを世に出した。今、それ以来の最大の変革が都市部に押寄せている。人々でごった返す都心の空をドローンが飛び交い、カーゴロボットや無人車が歩道を走り回る時代になりつつある。飲食業者や小売店、為政者はどう対応していくべきなのか。

    第三者による宅配サービスは当たり前になった。人と物の移動方法は大きくシフトした。それは見慣れた都市の風景が新たな機能と未来的な光景に一新することを意味する。変化のスピードは速く、企業は未来に備えて今準備しなくてはならない。確かなことは一つもなく、新たなテクノロジーが出現するたびに膨大な詳細の理解を要求される。それでもなお、未来は現代が抱える難問をすべて解決してくれると期待を持ってしまいがちだ。




    ドミノピザの配達ロボット
    アメリカの市街を走行中の配達ロボット、交通混雑の緩和と人件費削減の決め手になるか。
    確かに、二日酔いが酷くてブランチに行くのがおっくうな時は携帯電話のオーダーボタンを押せばどんな食事も作ってもらえる。途中の混雑を心配する必要はない。無人車が届けてくれる。しかし、未来の現実は今述べたようにはならないだろう。つまり、未来学者が予測するように車を持つ人は減るだろうが、無人タクシーがラッシュアワーの混雑を乗り切る困難さはなくならない。もし、我々全員がUPSやアマゾンにデリバリーを委託した結果、無数ウのカーゴロボロボットが歩道を所狭しと走り回る様子を想像してほしい。それとも私たち消費者自身がそれぞれ可愛いデザインのカーゴロボットを従えて歩行するようになるのだろうか?それはそれで新たな混雑のもとになるだろう。

    「ピアジオズ・ギタ」(ブランド名)は正に個人ロボット(そして友人?)として文字通り貴方の後をどこまでもついていく。

    未来は楽園か失楽園か

    未来はパラダイスになるのか、それとも失望の世界に堕ちてしまうのか?この答えを聞く為にドアダッシュ社のクリストファー・ペインCOOに話を聞いてみた。未来予想の質問をぶつけると2人とも興奮しながら次のように回答した。

    「消費者が決めるやりかた、オンデマンド経済はまだスタートラインに立ったばかりです。しかし、消費者が何を求め、どこにそれを求め、いつ手に入れたいか、これらのニーズは非常にパワフルなものです。」とリストファー・ペインCOOは答えている。ペイン氏は投資家を説得し同社に550億円の資金調達に大きく貢献した実積を持つ。ペインの故郷ツーソン市では歩道を利用した宅配ロボットが既に実用化されている。地元レストランの多くが宅配ロボットを使いこなせるように店舗デザインを完全に一新している。車道と歩道の混雑を軽減するために、キッチンから駐車場までロボットが食事を運ぶ試みをスタートした。