常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • バーガーショップとコーヒー専門店のコーヒーバトル
    by Nancy Luna (source: NRN)

    4月26日 - 近年に入りメジャーなファーストフードチェーン (QSR)がコーヒーの質と種類をアップグレードし、コーヒーチェーンに対抗するようになった。エスプレッソ、水出しコーヒー、ディスカウントなどコーヒープログラムでコーヒーチェーンに戦いを挑んだのである。バーガーキングは 3月15日からコーヒーを定期購入する新プログラム「 BKカフェコーヒー・サブスクリプション」を全米店舗でスタートした。定期購入 料金は毎月 $5、バーガーキングのアプリのみを通じて購入できる。スモールカップサイズで毎日1杯まで有効である。

    コーヒーチェーンの巨人、スターバックスに対するいわばボクシングのジャブのようなものではある。しかし、QSRチェーンが朝サーブするドリンクがさらに重要視される傾向にあるため、バーガーキングの新手に業界から注目が集まっている。マクドナルドは 2009年以来不変のコーヒーメニューを 2017年には3種類の新規エスプレッソを加えた。今年の始め、カールスジュニアはバニラの水出しコーヒー「Vanila Cold Brew」を $2.29で売り出した。去年の暮れ、ダンキンドーナツは新規エスプレッソをメニューに加えドリンクスペシャリストへのイメージチェンジを狙っている。

    NRNの2018年トップ200報告のデータによれば、ドリンク&スナックのセグメント(コーヒーチェーンを含む)が全米売上で 4.7%アップ、店舗あたり売上は 4.7%増えた。その一方、従来型のバーガー店舗の売上は 2.6%増、店舗別売上の伸びは 2.6%に過ぎない。以下の主要ブランドにおけるコーヒー関係の売上増 (2018年)は以下の結果となり、なかなか興味深い。