常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • Tim Hortonsのビヨンドミート製ソーセージ導入ニュースで同社の株価は最高値をつける
    By Amerila Lucas (source: http://www.cnbc.com )

  • 5月15日 - ティム・ノートンスは世界 14カ国、 4,846店舗を展開するファーストフードチェーンであり、コーヒー、ドーナツを主メニューとする一方、バーガーや朝食も提供している。同チェーンはテスト的にビヨンドミート製のソーセージをサンドイッチメニューに加えることを決めた。ティム・ノートンスが本拠地とするカナダ人口の半数以上が肉以外の食事、つまりプラントベースのメニューを好むことがわかっている。マクドナルドが既にエッグマックマフィンのソーセージに同社のフェーク肉を使用するのと同じ流れだ。テストが成功した場合、ティム・ノートンスは全店舗に同様のメニューを導入するプランだ。

    BEYOND MEAT
    2009年エルセグンド市(カリフォルニア州)にイーサン・ブラウンによって設立された、現在ナスダック (銘柄名:BYND)に上場されている。同社は従来のチキン、ビーフ、豚肉ソーセージに代わる食材として野菜ベースの食材開発を目的としてスタート、肉に代わる次世代のプロテインを提示した企業として将来性を高く評価されている。
    url:https://www.beyondmeat.com/
    インポッシブルウオッパー登場

    バーガーキングもプラントベース導入に名乗りを上げた。ビーフに代わる野菜ベースのパティを使う「インポッシブルウオッパー」を新メニューに加える。ただし、その製造元はビヨンドミートの競合会社「インポッシブルフーズ」だ。下の写真をクリックするとインポッシブルウオッパー紹介の動画を見られる。

    肉類を一切使わないウオッパーバーガーがメニュー入りする時代になった