常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


  • 英語サイトにリンク



  • 蔵すし USAが IPO、1日で 40ミリオンを調達
    by Laura Michaels (source: Franchise Times)

    8月1日 - 日本発の回転寿司チェーン「Kura Sushi」(蔵すし)がナスダックで上場、 額面$14 でスタートしたところ、同日の中米国名 Kura Sushi USAは現在 22ロケーション、カリフォルニア州アーバイン市をベースにするハイテクのベルトコンベア式寿司レストランである。8月1日の木曜日、ナスダックを通じ額面 $14、290万株を売りにかけたところ1株あたり $5.60値上がりし、 $19.60の終値をつけた。頃には $19 .60の値をつけ、40%値上がりした。わずか半日の取引で $40ミリオンを得る結果となった。

    35年間の積み重ねがあるので、人件費を大きく節約できます。それを食材に再投資するこことで評価を得たものと思います」と Uba CEOは語
    ハイテク導入で人件費の大幅カットに成功

    Kura Sushi USAのCEOである Hajime "Jimmy" Ubaは「調達した資金は店舗拡大とダウンペイペントの返済に充てる」とインタビューに答えている。 同チェーンは日本で 400店舗を運営、2009年に1号店をアーバイン市にオープンし現在の 22店舗に至っている。店舗のサイズは 1,600~5,600平方フィート、従って店によってスタッフ数はフロントで 5~10名、バックキッチンで8~16名と大きなばらつきがある。ただ、重要なポイントは至るところにハイテクを導入したことで、通常の寿司店舗の人件費が 38%~$42,3%であるのに対し蔵すしは 31%に抑えることに成功した。

    「35年間の積み重ねがあるので、人件費を大きく節約できます。それを食材に再投資するこことで評価を得たものと思います」と Uba CEOは語っている。