日米フランチャイズの紹介
モミ アンド トイ
News Brief

Coverallビル清掃&メンテのCoverall、マイノリティーの割合は91%に達する

加盟店の主役はマイノリティー!


米国3大新聞の一つ「USA Today」のフランチャイズ欄に掲載された記事からアメリカFC業界で活躍する*マイノリティ(少数民族)を紹介しよう。

*マ イノリティ(少数民族) : 多くの場合、そのグループの一員であることによって社会的な偏見や差別の対象になったり、少数者の事情を考慮していない社会制度の不備から不利益を被ることを前提とした呼称であり、「社会的弱者」にも近い概念であるといえる(以上は日本語版ウィキペディア参照)。アメリカの場合、具体的には女性、黒人、アジア系を含む移民たち等が含まれる。

過去10年を通じてマイノリティに属す人々がアメリカフランチャイズ業界に多大な貢献をしてきたことは疑いのない事実である。2000年当時、フランチャイズ全体に占めるマイノリティの割合は5%に過ぎなかったが、10年後には15%に跳ね上がった。フランチャイズ本部がマイノリティたちに広く門戸を開いたことも賞賛されるべきだが、同時に言えるのはマイノリティの多くが才能ある起業家スピリットを持つ証明でもあった。

一例として下記の表を参照いただきたい。各フランチャイズともに1,200ロケーションを越える錚々たるFC本部であるが、加盟店および直営店のマネジャーの50%以上はマイノリティである。しかも、そのうちの3社は何と90%以上がマイノリティで占められている。確かに、初期投資額が比較的低いビル清掃&メンテナンス業界に集中している傾向が見られるものの、3社は飲食フランチャイズであり、しかもチャーチチキン、ジャックインザボックス、デニーズの大手を含む。日本のフランチャイズ企業がアメリカ進出を試みるときに無視してはならない加盟店候補者、それがマイノリティであろう。
会社名
総店舗数
マイノリティ
(%)
業種
Coverall
8,762
7,974
91.0
修理、メンテナンス業
Bonus Building Care
2,750
2,461
90.6
修理、メンテナンス業
Jan-Pro
10,658
9,592
90.0
修理、メンテナンス業
Vanguard Cleaning
2,070
1,786
86.3
修理、メンテナンス業
Status Building
4,500
3,623
80.5
修理、メンテナンス業
Anago Cleaning
2,176
1,674
76.9
修理、メンテナンス業
Church's Chicken
1,254
938
74.8
飲食業
Jack in the Box
2,235
1,533
68.8
飲食業
Denny's
1,551
808
52.1
飲食業