常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。



  •  
ハウスドゥ
News Brief代表的なファーストカジュアルレストラン

2018年までにファーストフードで消費される食材が一般家庭全体の消費量を上回るものと予想される

米国飲食業界紙「QSRマガジン」6月20日付け記事によれば、2018年までにファーストフードでの食事量が家庭内での食事量を上回るという予測が発表された。

同予測調査を行ったのはラボバンクリサーチ社である。同社のアナリスト、ニコラスフェレデー氏は米国飲食業界の衰えぬ成長と安定ぶりに着目する。米国GDPが食料生産のGDPを超過したことも大きな要因であったと同社は結論付けている。

米国消費者が外食に落とす金額は増加し続け、遂には自宅で食事をする満足度を上回るレベルに達するとラボ バンクリサーチ社は推測している。事実、家庭での食事が増えたのは2007〜2009年の不況期という一時的なもので、アメリカ人消費者が家庭料理に回帰する目処はまだ立たないと見ている。

他方では、外食一辺倒に切り替わるには未だ未だ時間がかかり、さらには「文化的な大変化」が起きる必要があると観測している。