常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。

ライトアットホーム
News Brief

カールスジュニア、アービーズ、アンティアン、シナボンが同グループ企業に

上記のブランドがロアークキャピタルグループの傘下に入る

フランチャイズタイムズの表紙を飾ったこともあるFC業界のメガ投資会社「ロアークキャピタルグループ」がカールスジュニアハーディーズの親会社CKEの買収することが決まった。

CKEはプライベート・エクゥイティ会社アポロ・グローバル・マネージメントLLCの所有下にあった。買収額は16億ドル〜17億5千万ドルとロイター通信は伝えている。 CKEはアメリカ国内42州および29ヵ国に3,400の直営店と加盟店を展開している。

今回の買収はロアークにとって14回目の飲食業界への投資となる。その結果、ロアークはフランチャイズを27所有することになり、その中には冒頭にあるようにアービーズアンティ アンシナボンが含まれる。従って、ロアークは全体で50州、68カ国、15,000店舗を運営することになった。