常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。



お奨めのレストランは?

レストランの口コミ情報を提供するアプリケーション、GoRecommend

Empathicaは、顧客の忠実度を測ることで、企業が顧客基盤を維持する手助けを行うコンサルティング会社だ。カナダのオンタリオを拠点とする同社では、今年4月に、GoRecommendという新しいFacebook用のアプリケーションを発表した。これは、ユーザーがレストランでの食事の感想や評価を書き込めるアプリである。消費者が外食費に神経質になっている昨今、Empathicaでは、口コミという効果的かつ影響力の大きいマーケティングの手段を企業に提供しようと試みている。

その仕組みはこうだ。ユーザーは、このアプリをダウンロードすると、特定のレストランについての感想を尋ねるアンケートに記入するよう求められる。記入したお奨めレストランの情報は、Facebookのウォールポストやニュースフィードなどを通じて友人同士で共有することになる。このようにして投稿された情報には、各レストランのロゴや店舗情報が付いてくるが、ユーザーのレストランに対する評価に関しては、それがいかに辛らつなものであっても、そのまま掲載されるのが特徴だ。

「友人からのお奨め情報にはストーリー性があり、情景を思い浮かべることができ、より身近に感じられるものです。」とEmpathicaの関係者は語る。このような口コミ情報は、そのレストランのコンセプトに信憑性を与えるだけでなく、ブランドに対する消費者の認知度を高める効果があるという。同社では、今年6月から、3000ページものお奨め情報を提供してきた。一人のユーザーに150人の友人がいるとすれば、これは閲覧回数が45万回に上ることを意味する。

もちろん、ユーザー側にもお奨め情報を提供する動機付けが必要だ。GoRecommendのユーザーは、お奨め情報を書き込む度に、毎日実施されている賞金1000ドルの抽選に参加できる。また、ユーザーの友人がお奨め情報を提供すると、その日の抽選に最高で9回まで、追加で参加できる。現時点において、このアプリには約2400人の現役ユーザーがいる。