常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 


米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5


記事:Ken Ishiyama



最初に申し上げますが、本記事は飲食フランチャイズをアメリカで立ち上げ、成功するための提言です。他業種に共通する点も多々あるかと思いますが、基本的にはレストランの立ち上げと多店舗展開を念頭に置いて頂くようお断りしておきます。

前シリーズの復習

絶対数が圧倒的に少ない日本人グループのアドバイスや専門知識、ネットワークに頼るリスクを説明しました。日本人業者や専門家を絶対に避けよと言うのではなく、日本人のみに頼る、あるいは日本人だけのグループで事業を進めるリスクの話です。ボスである貴方にとって日本人同士のほうが快適かもしれませんが、ビジネス的には非常にマイナスになるケースが多く、特に将来大きく飛躍されたい貴方にとって百害あって一利なしと言っても過言ではありません。

次にご自身が英語を話せない場合、あるいは逆に多少話せる場合にはもっと危ないリスクにつして説明しました。アメリカ市場を理解する、アメリカ人顧客の好みを理解する、地元従業員と通じ合う等の能力と英会話の力は別物です。最悪なケースは流暢に英語を話しながら日本の価値観やルールをアメリカ人に押し付けるやりかたです。英語を話す能力とコミュニケーション力は異なるものだということを理解していただきたいのです。

最後に法律の違いについて専門弁護士を使うのは重要ですし、顧問弁護士と早期に契約すべきです。しかし、それは弁護士のアドバイスをすべて聞き入れるという意味では毛頭なく、あくまでも法律的なポイントのみを聞く、確かめることです。それが彼らの専門領域であり、それ以外のことは貴方自身が判断なさることです。弁護士は貴方にとって「先生」ではなく、あくまでも法的なアドバイスをくれる、いわば法律関係の「一業者」位に考えてつきあうべきです。それは同時に、貴方自身がある程度ビジネスや雇用その他関連する法律に通じていることが要求されます。

では、成功する理由トップ5の概略、そして今回はトップ理由1について詳述します。第一は「ブランディング」です。

成功理由1:ブランド作りには最大の配慮と相応の投資を、そして信念を持って....
ブランディングの重要さを理解されない日本の経営者が数多くいらっしゃいます。それはある意味で当然なことなのです。日本では「何とかラーメン」というブランドを立ち上げても精々3年〜5年でスクラップ&ビルドの道を辿ります。

10年後、20年後の先を考えてブランド作りを行い、日々最新のケアをしていく、育てていくなど日本ではナンセンスでしょう。アメリカでは逆です。ここをまず理解しないとスタートから大失敗してしまいます。取り返しがつかない結果になりかねません。ブランディングを無視するやり方では加盟店候補や顧客のハートをつかみ、100店舗、200店舗を全米規模で達成することは困難です。

では一口にブランディングと言いますが、一体何を意味するのか?難しい講釈はここではしません。一口に言えば「あなたの店だけが客に提供できるユニークな経験」ということになります。ここでは、飲食フランチャイズの話をしていますから、要は客に貴方の店だけが客に提供できる食事とサービス、そして店内の雰囲気その他全体をひっくるめて、客がユニークな「経験」を貴方の店で経験し得たかどうかということです。

店のロゴや看板もその一部でしょう、ユニークなメニュー、抜群の味、抜群のサービスも含まれるでしょう。誰にでも受けるわけには行かないので、どのターゲットを狙うのか、そのために絞り込む経営者の一貫した信念もブランディングの一つでしょう。そのように、様々な角度からブランド作りがあるわけですが、それはすべて「ユニークな経験」を貴方が客に繰り返し提供できるかどうかということなのです。2つの例を挙げて締めくくりましょう。

今週のトップ記事はフローズンヨーグルト「メンチーズ」の話です。店内のインテリアはサークルな形をしており、独特なカラーや家具で統一されていますが、同ブランドの最大のブランディングは「スマイル」です。ヨーグルトを販売することが仕事ではない、お客にスマイルしてもらうこと、それがメンチーズなのですと。それを6年間続けてきた結果(もちろんそれだけではありませんが)、現在、400店舗操業中、500店舗が建設中か契約済みという凄いフランチャイズに成長したのです。

米国牛角が好調です。日本の牛角とは違い、規模も大きくもっとゴージャスになりました。2015年末までに100店舗達成を目指し着実に伸びています。同チェーンの最大のブランディングは何でしょうか?一口に言えば「お客様がシェフ」なのです。日本ではあたりまえのことですが、客自身が目の前でお肉を焼いて食べる面白さと美味しさが同チェーンの最大の売りと思われます。


成功の原因2〜5の概略は次回のアメリカ進出シリーズ3 で詳述します。
読者のご意見や質問をお待ちしています。

成功理由2:確実に成功しそうなエリアを選ぶ
簡単そうで実は難しいエリア選択(次回に詳述)

成功理由3:コミュニティ密着で安定ビジネスを確立
地元コミュニティと密着しないフランチャイズは伸びません
(次回に詳述)

成功理由4:日本とアメリカの法律の違いを知れ
日本には存在しないPunitive Damageを理解しないと、アメリカ裁判の恐ろしさは分かりません(次回に詳述)

成功理由5:多店舗展開の前にシステム化を実現せよ
日本レストランだからシステム化は無理と考えるなら多店舗展開は無理
(次回に詳述)