常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5
 
米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 




アメリカ進出シリーズ3:
成功理由2:確実に成功しそうなエリアを選ぶ


記事:Ken Ishiyama



成功する立地を選ぶ。「当たり前の話でしょう」と反論されそうです。あるいは「それが分かれば苦労しない」と苦笑される読者もいるかも知れません。しかし、日本人的な感覚や好みが立地の正しい選択を阻害するケースを1、2紹介してみましょう。

エリア選択に際しては日本人コミュニティを捨てよ

最初の記事で触れたようにどう頑張っても将来性が感じられないエリアが確かに存在します。しかし、日本から進出しようとする企業や投資家には、懐かしさからか気安さのせいか日本人が多く住む地域を選ぶ傾向があります。

日本人の不動産ブローカーに頼ることも一因です。州の選択から言えば、日本に比較的近いハワイやカリフォルニアを選びたがる気持ちも分からないではありません、商売を度外視するならばの話ですが。

何故、日本人コミュニティを出店エリアから外すのか?明確な理由が3つあります。

1)事業の大きな伸びを期待できない:日本人コミュニティーは小さな所帯で現状維持の社会だからです。

2)ブランドが浸透しない:アメリカ人客が少なく、従って有名セレブが来店するチャンスはさらに少ないでしょう。

3)日本人同志による潰し合い:一例を挙げましょう。カリフォルニア州のトーランス市、ガーデナ市、西ロサンゼルスのソーテル通り等はラーメンの激戦区となり、そこそこ良い味とサービスをしていても儲からないラーメン屋さんが多く、売却に出る物件が後を立ちません。価格競争の悪いスパイラルも発生しています。では、どのような基準で良いエリア、見込みのある立地を選択すればいいのでしょうか?

1. 採算無視のフラッグシップ店はなし、レントを10%以内に抑える

日本と違い、アメリカは広大なので、この州は全くだめというケースは稀です。よくフラグシップ店と言いますが、広告塔を兼ねて赤字でも出店しようという発想は、十分な予算が'無い限りあり得ません。従って、1号店はNYマンハッタンとかロスアンゼルスのダウンタウンではなく、利益を確実に上げられそうなエリアとロケーションを選ぶことです。具体的には予測売上の10%を越えそうな場所を避けることです。

2. 「金持ち」を相手にしよう

米国吉野家は余りにもブルーカラー層相手に限定したために出店場所も限定され、売上にもキャップがついてしまった印象があり、伸び悩んでいます。日本食を食べるのはかっこ良く、ヘルシーさを求めるアメリカ人客を相手にしないと成功しません。収入層的には平均年収10万ドルを越えるエリア、新しい食べ物にチャレンンジする住民、つまり余り保守的な白人層を相手にしても見込み薄ということです。

3. 競争のない場所に出店しよう

日本では不可能ですが、アメリカには競争を避けられるエリアがまだ数多く存在しています。さすがに寿司バーはアメリカのどこにでもありますが、まずい、ひどい寿司を出して済ませている店もまだ数多くあります。寿司をやるならそうした地域を選べばチャンスはまだ数多くあります。もちろん、あたりに日本人が少ないことを覚悟していく必要があるでしょう。

4. 具体的にはどこが良い?

これはその業態やメニュー等によって一概にここだと言えません。また、出し惜しみするわけではありませんが、筆者のノウハウでもあります。個別に対応していかない限りベストのエリア、ベストのロケーションをタイミングよく見つけることはできません。しかし、上記のヒントで候補先エリアをかなり絞り込めるでしょう。エリア選択を間違えたら一巻の終わりです。細心の注意を払いましょう。

成功理由3:コミュニティ密着で安定ビジネスを確立
次回は日本では馴染みのない「コミュニティ密着で成功するやりかた」について詳述します。