常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


米国進出シリーズ4:成功理由3
 
米国進出シリーズ3:成功理由2  
 
米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5
 
米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 


米国進出シリーズ:
成功理由4 多店舗展開の前にシステム化を実現せよ

日本レストランだからシステム化は無理と考えるのは芸がない


記事:Ken Ishiyama



日本レストランのキッチン作業をシステム化することは難しい、あるいは不可能と考えている日本レストランオーナーや事業家は多い。そして、確かに、事実としてカジュアルダイニングのカテゴリでチェーン店として全米で伸びている日本レストランはほぼ皆無といってよい。

その最大の理由は、店舗建設からキッチンオペレーションに至るまで「平均レベルの人たちが数週間から1ヶ月のスパンで学習し、リピートできる」ためのシステム化が為されていないことによる。

システム化とは何か?

店舗建設におけるシステム化、ストリームライン化とは何か?それはスタート時のマスターデザインから始まり、建設用デザイン制作、コントラクターの選択、建築管理、建材、家具、器材の購入、要所要所におけるチェックポイント、こうした一連の作業を円滑に進行させるためのデータ、手順、気の利いた本部担当者等を挙げておこう。

フランチャイズ本部、加盟店オーナー、加盟店側アーキテクト、マスターデザインを起こす元デザイナー、コントラクター等が入り混じって行われるプロセスである。システム化、ストリームライン化が絶対に必要となる。

多店舗展開の経験が少ないこともあり、日本レストランの建設プロセスとアメリカの一般フランチャイズ店舗の建設とでは天地の開きがある。出店コストの安定とスピード感ある建築、予定工期に遅れない工事等がアメリカの成功フランチャイズチェーンには確固として存在する。

キッチンオペレーションにおけるシステム化とは

さらに重要なのがキッチン作業のシステム化である。確かに、日本料理を全く知らないアメリカ人やメキシコ人がゼロから日本料理の一部をマスターするのは至難の業かもしれない。

しかし、だからといって、日本人のみを雇いながら多店舗展開は不可能であるし、数ヶ月のトレーニングを要する準備ではコスト的にも費用的にも、そしてタイミング的にもチェーン店として拡大することは不可能なのだ。

徹底的なPB化と徹底的なシステム化以外に道なし

カジュアルレストラン、あるいは中程度の日本食レストランをどのようにフランチャイズ展開すべきかという話である。PB化、つまり、下ごしらえが終わり、キッチンでは暖めるだけのPB商品を可能な限り増やすことだ。ラーメンならば、それにもうひと手間かけることで他競合と違うスープをつくることも可能になる。

つまり、90%〜95%のPBプラスひと手間をかけるやりかたが良い。10店舗以上ないとPB化に協力してくれる工場は少ないかもしれないが、そこは可能性と優れた事業計画を示すことで味方になってくれる製造工場を見つけられる可能性は十分にある。

その方式、手順、ヒントは周囲のアメリカフランチャイズチェーンを注意深く観察することで貴重な情報データを得られるはずだ。正に、北米はフランチャイズを成功させる宝が埋まっているもである。