常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


加盟店研修の前に加盟店開発チームの研修を徹底せよ
 
ミレニアル世代が飲食業界の将来を握る
 
客の忠誠心を築くために何をすべきか
 
米国進出シリーズ5:成功理由4
 
米国進出シリーズ4:成功理由3
 
米国進出シリーズ3:成功理由2  
 
米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5
 
米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 


右上から調度品をクリーンアップ、お客に挨拶(どちらもHeaven's Bestフランチャイズ)、そして、左上がプレッシャー洗浄するフランチャイジー(Window Genie)。どちらも初期投資額は10万ドル以下。

10万ドル以下のフランチャイズが買い得とは限らない

記事 Jeffrey McKinney

初期投資額が10万ドル以下と聞けば「これは買い得のフランチャイズか」と感じる投資家は多いと思う。事実、こうした低額フランチャイズで成功している加盟店は多い。だが、貴方にとって正しいフランチャイズを選ぶには、高額フランチャイズの選択と全く同じチェックが必要だという事実を理解していただきたい。

デービッド・フラックスの場合、人材派遣サービスの会社を15年続けてきたのだが、来る日も来る日も人材探しの電話をすることに疲れ果て、窓清掃フランチャイズ「ウインドージェニー」 (Window Genie) を$65,000で買った。1億の買い物と比べれば確かに低い投資額ではあるが、起業家は高額投資と同じレベルの調査をしなければならない。なぜならば、低額フランチャイズに惹かれる候補者には事業に精通していない人たちが多いからである。

低い投資額、低いロイヤルティには時に落とし穴がある

安いフランチャイズの場合、売上や利益が低いケースがあるという批判的な見方もある。収入が少ないからロイヤルティも低くしているという理屈だ。こうしたフランチャイザーの中には、サポートよりもできるだけたくさん加盟店を募集し、加盟金で儲けてやろうと考えがちだと言うのである。

しかし、例に挙げたウインドージェニーはもちろんのこと、その他Heaven's Best Carpet、Our Town America、Focal Point Coaching, Sandler Training、Weedman、Snap-on Tools、Jump Bunch、U.S. Lawns、Homewatch CareGivers, Right at Home Senior Care等にしても、低額フランチャイズでありながら立派に営業するフランチャイズばかりである。

低い投資額と本部サポートの質に相関性はない

マーケット調査会社「FBR」(フランチャイズビジネスレビュー) は2014年度低額フランチャイズリストを発表しているが、これは135社の低額フランチャイザーと1万名の加盟店からアンケートを集め編纂したリストであり信頼がおけるデータと言える。平均投資額は64,000ドルと極めて低いが、だからと言って本部サポートの質が劣る等の批判や苦情は特になく、高額フランチャイズとの差はなかったと結論している。また、低額フランチャイズのほうが高額フランチャイズと比べ失敗率が高いというデータも存在しないという。

ベストの判断基準は加盟店と話すこと

投資家は調査の重要な一環として必ず既存加盟店の話を聞くべきだ、と専門家は推奨する。創立から5年以上操業するフランチャイザーであるにも関わらず長期の加盟店がいないとすれば赤信号だ。

業種別に見る10万ドル以下のフランチャイズ

業種

ブランド数

メンテナンスサービス

115 15.3%
健康&フィットネス 93 12.3%
ビジネス関連 83 11.0%
子供関連 52 6.9%
不動産 47 6.2%

 

低投資フランチャイズの全リストを見るにはここをクィック