常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


海外フランチャイズにインスピレーションを求める
 
レストランの維持費を節約するヒント10
 
海外のディールを決めるにはライセンス料の柔軟な交渉が不可欠
 
POSの決め手はハードではなくソフトとインテグレーションの時代
 
10万ドル以下のフランチャイズが買い得とは限らない
 
加盟店研修の前に加盟店開発チームの研修を徹底せよ
 
ミレニアル世代が飲食業界の将来を握る
 
客の忠誠心を築くために何をすべきか
 
米国進出シリーズ5:成功理由4
 
米国進出シリーズ4:成功理由3
 
米国進出シリーズ3:成功理由2  
 
米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5
 
米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 

CEOに聞くシリーズ1:いかに全米トップ 200にランク入りするフランチャイズを構築したか?

Beth Ewen

2015年8月19日- フランチャイズタイムズ8月号で特集記事「 Franchise Times7RESTAURANT 200」が掲載されている。その中から成長著しい加盟店をいくつか選び、CEOにトップ200入りした経緯を質問してみた。

今週はバッファロー ワイルド ウイングスを42店舗所有運営するDIVERSIFIED RESTAURANT HOLDINGSのマイケル・アンスレーCEOとのインタービューを紹介しよう。

バッファロー ワイルド ウイングスの魅力、強みは何ですか?

マイケル・アンスレー (MA) : 既に1996年以来の加盟店なので、このフランチャイズのことは知り抜いています。非常に強いブランド力があります。同チェーンの経営陣の顔ぶれが変わらず安定しています。彼らとは個人的にも親しく、バッファロー ワイルド ウイングス(以後「 BWW」)が将来どの方向に向かうとしても全幅の信頼を置いています。

最近、BWWの既存店舗を18ユニット買収しました。何故ですか?

購入先の加盟店のことは昔から良く知っていました。会計事務所も同じ所を使っています。ですから、財務上の数字に間違いはないと確信していました。そのエリアには他の BWW店舗は全く存在していないかったので、我々の力で市場をコントロールできると思いました。

それに、そこはスポーツが盛んな地域でセントルイスカージナルス(メジャーリーグ)、ブルーズ(プロのアイスホッケーチーム)もあり、大学チームも多くあります。さらに伸びる将来性の絵を明確に描くことが出来ました。

  スポーツが盛んな地域のセントルイスエリアのバッファロー ワイルド ウイングスを買収したDIVERSIFIED RESTAURANT HOLDINGSのマイケル・アンスレーCEO

買収する時、どの点に一番注目しますか?

該当地域のマーケットを支配できる状況があれば大歓迎です。それに、セントルイスの既存店には伸び代が十分にあると感じました。当時、店舗別の年間平均売り上げは $2.3ミリオンでしたが、本来はもっと売り上げがあるべきなのです。

それに、売り上げが高い店であっても、コスト管理にまだ甘さがあるという印象でした。他方、他の店では締め付けすぎの管理をやっていました。一長一短が各店舗にあったわけですが、それだけに改善の余地が多くの課されていると思ったのです。

買収を思い止まる赤信号はなんでしょう?

スペースが大き過ぎる店舗は避けます。余計な費用がかかってしまうからです。それを複数店舗買うのですか投資額が途方もない数字に増えてしまいます。もう1つ注意したいこと、それはレストランのオペレーターが優秀過ぎる場合です。

優秀過ぎるオペレーターが働いています。と買収価格が跳ね上がることに加え、テークオーバーした後、店の業績を上げる余地が残されていないことになります。売り上げを伸ばすポテンシャル、経費を収縮できるポテンシャル、その両方かどちらかがない限り買収はしません。

他の加盟店オーナーへのメッセージ

人材を育てることです。そこのところを十分に考え抜いた上で人材募集にお金を掛けて下さい。そして、研修をしっかり行い、従業員を大切に扱って下さい。