常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


財務情報を全開示すべきか?正しい開示方法とは?
 
最悪の状態に直面した時、あなたは大丈夫か?
 
CEOに聞くシリーズ1:いかに全米トップ 200にランク入りするフランチャイズを構築したか?
 
海外フランチャイズにインスピレーションを求める
 
レストランの維持費を節約するヒント10
 
海外のディールを決めるにはライセンス料の柔軟な交渉が不可欠
 
POSの決め手はハードではなくソフトとインテグレーションの時代
 
10万ドル以下のフランチャイズが買い得とは限らない
 
加盟店研修の前に加盟店開発チームの研修を徹底せよ
 
ミレニアル世代が飲食業界の将来を握る
 
客の忠誠心を築くために何をすべきか
 
米国進出シリーズ5:成功理由4
 
米国進出シリーズ4:成功理由3
 
米国進出シリーズ3:成功理由2  
 
米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5
 
米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 
今年のブラックフライデー時のターゲット店内

オンラインショッピングが店舗ショッピングと肩を並べる

Nathan Layne

2015年12月16日- 11月ホリデーシーズンのデパートその他小売業界の売上げ額は前年比 3.7%増という順当は上昇率であった。これはスタート時の感謝祭とブラックフライデー中の強烈な出足とオンラインショッピングの好調に支えられた結果だったと分析されている。さらに売り上げの詳細をみると、店内ショピングが平年並みの一方、オンラインセールスが大きく増えたことが今回の売り上げ増を生み出した原因であることがわかった。

ブラックフライデー(感謝祭直後の金曜日でバーゲンセールが実施され、それ以降のホリデーシーズンの傾向を占う前哨戦とみられている)の結果を踏まえ、小売店は販売戦略の修正を余儀なくされそうだ。昨年の場合、小売店はブラックフライデーの割引セールをそのまま12月中も継続し、クリスマス直前の駆け込みショッピングを乗り切ったのであった。

8年前の同時期のターゲット店内シーン。オンラインショッピングは今ほどのレベルではなく店内は客で満杯状態

今年は有利な材料が揃っている。失業率は低くガソリンが値下がりを続けているからである。米国の小売業界は年末商戦を楽観的に予想するケースが多く見受けられる。全米小売連盟(以後 NRF)が 11月27日と28日に4,281人の消費者を対象にアンケート調査を行ったところ、買い物客1名が4日間で使ったショッピング額は平均 $300程度だった。

それとは別に、特に注目すべきポイントとして 1,510万人の買い物客が店内とオンラインの両方でショッピングすると分析予測したことにある。店内ショッピング客数とオンラインショッパーの数がほぼ同数になったという歴史的な数字を記録(予測であるが)を出した瞬間であった。

さらに別会社の分析結果によれば、デスクトップコンピュータを使ってオンラインショッピングした金額は9%増の11億ドル(感謝祭の1日)、ブラックフライデーには10%増の16億6千万ドルに達した。