常に最新の フランチャイズ セミナーや加盟イベントをご紹介するコーナーです

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスを探索ください!

毎日のように新しいビジネスをデータベースに加えていきます。フランチャイズ の本場アメリカで成長を続けるフランチャイズビジネスや加盟店を探索ください!

コラムニストへ

役立つ情報コーナー。今週は フランチャイズ 法が世界一整備されたアメリカFC業界の歴史を振り返ります。


ブームが去った後の高い賃料にどう対処すべきか?
 
MODピザの勇気に満ちた経営理念に学ぶ
 
あなたの事業を最高値で売却する秘訣について語る
 
オンラインショッピングが店舗ショッピングと肩を並べる
 
財務情報を全開示すべきか?正しい開示方法とは?
 
最悪の状態に直面した時、あなたは大丈夫か?
 
CEOに聞くシリーズ1:いかに全米トップ 200にランク入りするフランチャイズを構築したか?
 
海外フランチャイズにインスピレーションを求める
 
レストランの維持費を節約するヒント10
 
海外のディールを決めるにはライセンス料の柔軟な交渉が不可欠
 
POSの決め手はハードではなくソフトとインテグレーションの時代
 
10万ドル以下のフランチャイズが買い得とは限らない
 
加盟店研修の前に加盟店開発チームの研修を徹底せよ
 
ミレニアル世代が飲食業界の将来を握る
 
客の忠誠心を築くために何をすべきか
 
米国進出シリーズ5:成功理由4
 
米国進出シリーズ4:成功理由3
 
米国進出シリーズ3:成功理由2  
 
米国進出シリーズ2:成功する理由トップ5
 
米国進出シリーズ1:失敗する原因トップ 3
 
フランチャイズ販売専用の「マイクロサイト」を立ち上げることの利点
 
シェフたちが予想する飲食業界のトップトレンド10
 
ハイテク機器への対応に頭を悩ませるコーヒーショップやレストラン
 
成功するフランチャイズ加盟店には共通項があった!
 
低予算マーケティングが待ち受ける落し穴にご注意
 
人事に関する事柄は、全て文書化して企業の身を守る
 
時代の流れに合わせてフランチャイズを進化させる
 
ロケーションベースマーケティングをいち早く採り入れて、差別化を図る
 
アインシュタインは「無料のベーグル」を使ってどのように相対性理論を証明したか?
 
ソーシャルメディアの世界では従業員の言動に要注意!
 
今、脚光を浴びるコブランディング
 
加盟店はFC本部のどこに注目?
 
強力パスワード ハッカーを阻止しよう
 
ソーシャルメディアを有効活用する方法
 
2010年の省エネのためのアイデアトップ10
 
オンライン研修は事業存続の鍵?
 
メディア対応のためにオンライン広報室を設置
 
 
友人のお奨め情報を生かす新アプリケーション
 
 
無法状態のフランチャイズの歴史が今日の基礎
 
面接で得た情報を活用して成約の成立を高める
 


ウィングストップのチャーリー・モリソンCEO

フランチャイザーの夢 IPOを実現させた理由

2016年6月9日- 「ウィングストップ(Wing Stop) CEOのチャーリー・モリソンは写真の通り、決して近寄りがたい印象の人ではない。また、エネルギッシュな雰囲気で相手を圧倒することもなく、ピカピカの靴や大げさな宝石を身につけることもない。リラックスした普通の感じなので、むしろプロフィールの説明に困るくらいなのである。

しかし、彼の業績を見れば驚嘆に価する。ウイングストップの上場を成し遂げた中心人物である。 IPO時には $19でスタートしたのだが、公開初日の終わりには株価が60% がアップしていた。24時間で80億円近い資金を調達した。さらに今年3月に実施された2回目のオファー時にはロアークキャピタルが参画し、株価は一気に $25に上昇した。

シンプルであれ

加盟店候補者、デベロパー、同業者たちにモリソンが口癖のように言うことが一つある。「シンプル」である。「我々が成し得る最良のこと、その一事に全てを集中することだけを考えて来ました。それは新鮮で良い品質の手羽先を調達すること、フレンチフライ、サイドを含め、最高の商品をお客様に提供することにあります。結局のところ、これらの商品が売り上げの 90%を占めているのですから」とモリソンは語る。

それを実現するのはシンプルに整頓されたたオペレーションである。キッチンのオペレーションをシンプルに維持できれば、ホスピタリティや接客、店の清掃など他の重要なエリアに集中できるようになるからだ。

加盟店1人1人を大切にする

ダニーは2003年以来の加盟店だ。13年前の当時、父親がウイングストップへの投資を決めて始まった。現在、ダニーはネバダと南カリフォルニアに32ロケーションを持つメガフランチャイジーに成長した。

「13年間やって来て感じることは、以前よりも店舗売り上げが改善し、その結果、初期投資額の回収が早くなったことです」とダニーは言う。

ダニーは以前と違うもう1つ重要な点に触れた。モリソンが新 CEOに就任した時、彼はカリフォルニアに飛び、モリソンと驚くほど詳細な話し合いが出来た。

「加盟店が非常に多いので、モリソンはいつも加盟店と一緒に長く時間を過ごせるわけではないと思います。しかし、他の加盟店に聞いたところ、彼らもモリソンと親しく話すことが出来、新CEOは彼らに敬意と感謝の意を述べた。」という。